2015年5月18日月曜日

20150517

何ヶ月も前から頼まれていた、とあるCDのジャケ用の絵。

ずっと描けなかったのに、もうじき締切、というところでようやくフッとイメージが浮かんで、木の板にアクリルをのせて指で描き出したら2時間足らずでスルスル描けた。


なんのことはない。
与える側ではなく、求める側に思いを馳せたら、難しかったことはいとも簡単なことに変わったのだった。


その音を求めるのはきっと、些細なことですぐに傷つく弱っちくていとけない心の持ち主たち。

私もおんなじものを持て余しているから、欲している色が溢れ出してくる。

いまの私が心から描きたいものが出てくるまでには、まだもう少し時間がかかりそうだけど、仕事として好きな絵を描かせてもらえるのは本当にありがたいことだと思う。


この間、鳩間島のおばあが電話をくれた。

畑に行く時に壁画を見るのが日課になって、毎日とても楽しくて嬉しい、ありがとう、と言ってくれて、胸がじんわりあったかくなった。

ここ何日か、疎遠になっちゃった人たちのことを考えて淋しくなっていたけれど、代わりに、たとえ遠く離れていてもその人のそばにある私の作品と毎日会話をしてくれている人たちに思いを馳せれば、弱っちい心の痛みもすぐに温もりに変わる。


失ったものに目を向けていても仕方がないから、空いたスペースに新しくしまうものを探すとしよう。

完成した絵の全貌やコンセプトは、音ができてからのお楽しみ、かな。





0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。