2015年1月26日月曜日

20150126

もともと足が痛い時に限ってヒールの靴を履きたくなる。
そして、ヒールの靴を履いている時に限ってたくさん歩きたくなる。


私の天邪鬼ぶりは自分に対しても向けられるわけなので、そういう時、私は迷わずヒールの靴を履いて、たくさん歩く。


ヒールの靴を履いて歩くと、歩きやすい靴の時より少しだけゆっくり歩く分、いつもよりも周りの景色がよく見える。


今日は渋谷から、東急ハンズ経由で寄り道しながら青山学院の裏手にある青山見本帖に行き、表参道まで遠回りで戻り、駅地下のパン屋さんに寄って千代田線で代々木上原まで行き、そこからまた家まで歩いて帰った。

距離にして、5kmちょっと。


ヒールの靴で歩いていると突然、足が歩くことを放棄する瞬間が必ずやってくる。
足の裏が痛くて痛くて、もうこれ以上一歩も進めないよ、と足が悲鳴をあげる。


そういう時はいつも、人魚姫のことを思い出す。


王子様に見合う人間になりたくて、魔法で尾びれを足に変えてもらった人魚姫は、歩くたびに足の裏にさすような痛みがはしった。

たぶんそれはこんな感じだったんだろうな、と人魚姫になったつもりになると、もうしばらく歩き続けることができる。

でもそのうちに、人魚姫はこんなに痛いのを我慢して、声も失くしてがんばったのに、結局自分の本質を見ぬいてくれなかった愚かな男のために泡になって消えちゃったんだ、とお話の結末を思い出すとやりどころのない怒りがわいてきて、私は自分の天邪鬼さがもたらした自らの愚かさを、見る目のない物語の中の王子のせいにしたりする。

もうこれ以上は無理だ、というところになるとたいていそれは路地裏で、近くに休めるようなところもなかったりする。

だから今度は音楽を聴いて、意識を聴覚に集中させてみたりするけど、もはや足はジンジンとした痛みを全身に響かせて、これ以上ないくらい主張する。

そうしてようやく家についたら、まずいちばんにタイツを脱いで、足の指を開いたり閉じたりしながら冷えとり靴下に履き替えて、痛めつけてごめんね、と足に話しかけるけど、足はもはやふてくされを通り過ぎて、私の猫なで声なんて完全無視する。


****************


昨日、たまに行く洋服屋さんの鏡に映っていた自分が、あまりにも顔色の悪い、全体的に地味女であることに愕然として、ずいぶんと陽気な柄のパンツやコートやワンピースを久しぶりに買った。


そこで今日はその陽気なコートにシックなヒールの靴を合わせて青山あたりを闊歩してみたわけだけれど、自分の見かけにこだわって出かけるといろんな欲が出てくるもので、素敵な家具屋さんや雑貨屋さんを少し覗いては、まだ見ぬ理想の暮らしをずいぶん久しぶりに思い描いたりもした。


その陽気なコートを母がとても気に入っていたから、という言い訳つきで、今日また新しいコートを買った。

イタリア製の、真っ青な、形のいいコート。
青い服なんて、選んだのは初めてかもしれないけど、それはずいぶん今の私によく似合っている。


****************


そういえば、表参道の交差点で信号待ちをしていた時、前に立っていた若いサラリーマンが、道路の淵のちょっと段差になっているところに乗っていた。

たぶんそれは彼の無意識の行動なのだけれど、きっと彼は小さい頃、ジャングルジムが好きだったんだろうな、と思いついたら、後ろから抱きついてしまいたいくらい愛おしくなった。


****************


たまにこうして外に出てみると、文字にしておきたくなるような、とてもどうでもいいようなことが、いくつかあるからおもしろい。









0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。