2014年12月30日火曜日

20141230

今日、小鳥の紅ちゃんが天国へ旅立った。


昨日の夜、妹が突然ひどく体調を崩したのと時を同じくして、紅ちゃんも具合が悪くなった。

立っていることも、座ったままでいることもできなくなってしまったから、紅ちゃんはそれから夜の間中ずっと、てのひらの中で過ごした。


前日に母も調子を崩していて、妹にいたっては起き上がることもできないくらいひどかったから、母と妹の部屋がある2階で、ヒーターの前にお布団をひいて、代わりばんこに小さなタオルにくるんだ紅ちゃんをてのひらで包みこんで、ずっとずっと、見守った。


てのひらに伝わってくる紅ちゃんの鼓動は、すごく速くなったり、少し落ち着いたりしながら、コトコトコトコトと可愛い音を響かせる。

呼吸をするたびにフワフワの羽が上下する。


2か月前に見つかった悪性の腫瘍がどんどん大きくなってから、飛ぶことができなくなったり、腫瘍の重みですぐにコロン、と転げてしまったりしながらも、紅ちゃんはいつもとてもいい子にしていて、妹とはいつだって一緒に歌ったり遊んだりしていたし、母の前ではたくさんごはんを食べたし、私がそばにいくとてのひらにもぐりこんで心地よさそうにじっとしていた。


3時過ぎにひどく調子が悪くなってからは、ずっと私のてのひらの中にいた。
顔色は悪かったけど、それでも紅ちゃんは私の親指に頭をもたせかけて、スヤスヤと眠っていた。


深夜4時過ぎ、眠ったり目を開けたり、を繰り返していた紅ちゃんが、タオルをはいだして、直接てのひらに乗りたがった。


すると、それまで真っ青な顔でウトウトと眠っていた妹がふと目を覚まして、紅ちゃんは大丈夫?と私に尋ねた。

その数分後、紅ちゃんの呼吸が少しつらそうになり、それからだんだんゆっくりになって、私が妹の名前を呼んだ瞬間に、紅ちゃんは私のてのひらの中で静かに息をひきとった。


さっきまで、コトコトコトコト可愛い音を立てていた心臓の音が聴こえなくなっても、紅ちゃんは変わらずフワフワで美しくて、なんともいえず愛らしい。


人間でも動物でも、たとえ鼓動が止まっても身体の外側にうすく張っているエーテル体の膜が残っているうちはまだ少しだけ、身体は生き続ける。

大きな声をあげて泣く妹と、静かに涙を流す母のてのひらの中でそれぞれ最後のお別れをするまで、紅ちゃんは美しく愛らしく、生きていた。


それから少しすると、紅ちゃんの身体を包んでいたエーテル体の膜が役割を終え、紅ちゃんのたましいはフンワリと身体を飛び出した。
そして、いつもそうだったように部屋の中をクルクルと飛び回った。

この二か月は自由に飛ぶことができなかったから、きっと嬉しかろうなぁ、と思った。


妹は、私たちのいちばん下の妹であるとともに、妹にとって最愛の親友でもあった紅ちゃんの最後の日にほとんど一緒にいられなかったことを悔やんで、ワーワー泣いた。

だけど私には、具合の悪かった紅ちゃんがほとんど苦しむこともなく、時々ちいさな寝言まで云いながらスヤスヤ眠ってそのまま静かにいのちを終えることができたのはきっと、彼女の苦しみを妹が代わりにひき受けたからだろうし、それは妹にしかできない紅ちゃんに対する最大の愛のかたちだ、と思える。

ふたりはいつも、本当に仲良しだった。

だからきっと、紅ちゃんが息をひきとる直前に妹は目を覚ましたんだろう。


紅ちゃんは、母のことも大好きだった。
母がいちばんつらかった時期、私たち姉妹よりもずっと母のそばにいてくれたのも、紅ちゃんだった。


だからこそ、紅ちゃんはいのちの終わるいちばん切ない瞬間を、母でも妹ではなく私のてのひらの中で迎えることを選んだのだろう。

時々、ほかの小鳥ちゃんのたましいが入りこんでしまう憑依体質の不思議な紅ちゃんは、ほかの人よりもいつもずっと死に近いところにいる私がいちばんたやすく紅ちゃんのいのちの終わりを受け止められることも、わかっていたのかもしれない。


紅ちゃんの身体は、てのひらの中で眠っているときの姿勢のまま、時間を止めた。


9年と9ヶ月。
紅ちゃんは、生きた。
ちいさな身体で、おおきくおおきく、生きた。



さっき、妹と母と三人で、ちいさなお葬式をした。

うちの歴代の小鳥ちゃんたちがみんな眠っている大きな鉢の、最後の空いているスペースの土を掘って、バラのはなびらや葉っぱをしきつめて、みんなで紅ちゃんにいつもの、そして最後のおやすみのお祈りをした。


それぞれの小鳥ちゃんの石が並ぶ鉢の上に、妹が選んできたハート型の虹の入った水晶を紅ちゃんの石として置いたあと、そこにお花のヤントラを作った。

できあがったヤントラはとてもにぎやかで、小鳥ちゃんたちもお花たちもとても嬉しそうにしている。



たとえたましいがそばにいるとわかっていても悲しくて涙が止まらないのは、そのたましいと同じくらいに、さっきまでそこにあった「いのちのかたち」がなお愛おしくてたまらないからだ。

その悲しみが完全に失せることがあるとすればそれはたぶん自分自身も肉体を失って、また同じものになって触れ合える時でしかない。

だからこそきっと、大切な存在の「いのちのかたち」を失ったあとには、そのとてつもない悲しみと背中合わせになっているとてつもない愛しみとともに在りつづけることがまたひとつの、一緒に生きていく、というかたちなんだろう。



年末年始という、ずっとおうちで過ごしながら悲しみや愛しみに向き合える時期を選んでくれたことも、優しい紅ちゃんらしい。



紅ちゃん、ありがとう。

まだしばらく、みんなで泣いちゃうけどさ。

これからもずっとずっと、一緒に生きていこうね。





2014年12月28日日曜日

20141227

小さい頃から、貯金の才能が1mmもない私は、入ってきたお金は余すところなくすぐに使ってしまうけれど、使うお金からの有形無形の対価が自分に与える影響の大きさを日々感じる。



昨日ふと、お金の使い途の変化について考えた。



学生気分の延長だった20代前半はとにかく服や靴や自分を飾るものにお金を使っていた。

それから、ライブとCD、遊びバンドのスタジオ代、大好きな彼とのデート費用なんかにも。


ハードワーカーだった20代後半は、背のびのジュエリーやトリートメントやネイル、とにかくわかりやすく自分のテンションをあげてくれるものに。

時々大きな旅行や、一人暮らしの生活に素敵感を足してくれる雑貨や食材も。



お金に対する意識がまったく変わったのは30歳で独立してから。



30代前半、手にしたお金はほとんどが旅とモノ作りの材料、それから、その時縁のある人とのご飯やお茶を楽しみながら過ごす時間や、人への贈り物に変わっていった。



自分の手元に入ってくるお金がすべて顔の見える人からの「ありがとう」と共にやってくるようになって初めて、そのお金の行き先に意識を向けるようになった。


お金と共に自分のところへやってくるいろんな想いによって、私はお金を使うたびに感謝するようにもなったし、時々、責任や重苦しさを感じるようにもなった。


経済的に余裕があってもなくても自分のスタイルを変えられない私はたいてい、没落華族的に優先順位を間違えているおかげで、実際はどんなに困窮していても、周囲にも自分自身すらさほど切迫感を与えないらしいけれど、生きる気力と共に働く気概を失うと云う自分史上初めての状態に陥ったこの一年ちょっとは、どうにかなるのはがんばれる時だけだってことをつくづく実感した。



いつのまにか、私にとっての「仕事」にはいつだって人の想いが付随していたし、そういう仕事だけをしたいと考える傍で、人との関わりや想いを向けられることの一切を拒絶したがる精神状態の中では、生活をなんとかやりくりするための必要最低限のことしかできなかったし、そういう自分に仕事やセンスやアイディアを与えてくれるほど、天も現実も甘くはなかった。



仕事に没頭することでごまかしてきたいろんなことにとことん向き合わざるを得なかった期間はいやはやとてもシビアでしんどくて、私の外側はずいぶん劣化してしまった。


けれど、最終的に自分なりに腹を決めて、内側がようやく得たものを消化した上であらためてきちんと仕事に向き合うことができたのはすごく大きな出来事だったし、この期間のおかげでようやく、これまでの人生の何もかもを全部肯定してやれたようにも思う。



今日は、気のおけない友だちとの時間をハシゴした。


先日の展示で頂いたお金を使って、美味しいコーヒーやハーブティーやご飯やガラス越しの夕焼けや、何よりほとんど中身のない、でもかけがえのない楽しい時間を過ごすことができた。



来年の私がどんな仕事をしているのやら、今はまったく未知だけれど、何をするにしてもきっと、私は再びけっこうがんばれるんだろう。



年の最後にここまでモチベーションを戻せたのはひとえに、これまでやっていた仕事で出会えたすべての人たちのおかげさま。


感謝の気持ちを日々忘れずに、私はこれからもたくさん仕事をして、たくさんお金を使おうと思います。


2014年12月24日水曜日

20141223

4日間の展示が終了。

私は入口に背を向ける形で展示スペースの奥で作業をしていたのだけれど、振り返ったらいつのまにか小さな展示スペースが人であふれかえっていてビックリ、という瞬間が何度もあった。

テーブル2つ分のちいさな展示だったにも関わらず、終わってみたら100人近いお客さんが来てくれていて、本当に嬉しい限り。


シャスタからやってきた石たちも、2/3くらいは持ち主のもとへ旅立っていった。
残った子たちはしばらく私とともに休憩しながら、次の場所へ一緒に行くことになるんだろう。


たぶん傍から見たら今回の展示はそれほど違和感のないものだったと思うけど、私にとってはひとつの大きな賭けだった。

うまくいく確信がないわけじゃなかったけど、崖っぷちに立っているようなスレスレ感の中で日々準備をしていたから、不安も少なからずあった。


でも、今の自分の身の丈に合った規模で、その中でできうる最大の手間をかけて出してみたものが、たくさんの人に喜んでもらえただけじゃなく、ビジネスとしてもこれまでみたいにマイナスをゼロにするだけじゃなく、次につなげていける結果を出せたことで、正直とっても安心している。


来年のことはまだなんにも決めていないけど、私は今みたいな形で、できうる限りお客さんの顔を見ながらひとつひとつの作品を丁寧に仕上げていく作業はやっぱり続けていきたいな、と思う。

美しいものや、お気に入りになったものと出会って嬉しそうに笑う人の笑顔は、いつだってすごい宝物みたいに心を温めてくれる。


とりあえず年内は、展示期間中に作りきれなかったオーダー品たちを仕上げる作業に専念するつもり。


しんどい一年だったけど、終わり良ければすべてよし、だな。



足を運んでくれたすべての人に、心から感謝。

今夜は久しぶりに、10時間くらい眠るんだから!




2014年12月21日日曜日

20141220

小品展『シャスタからやってきた石たち』が始まった。



とても寒い雨の日だったにも関わらず、たくさんの方がいらしてお気に入りの石を見つけてくれて、とっても嬉しかった。


今回の展示では、原石も多く、アクセサリーもほとんどパーツだけ作って、どうしたいかは持ち主のご希望で決めていこう、という感じにしている。



初日だけでも予想以上の数の石たちがお嫁に行った。
嬉しいやら淋しいやらだけど、最終日の4日目まで、できるだけたくさんの人にキラキラの石たちを見てもらえるといいな。


最近は週に2回くらい友だちに会ったり、必要なものの買い出しに出かけたりする以外はずっと家にこもって、作業をするか映像作品を観るか、作業をしながら映像作品を観るか、という生活をひたすらしていた。


たぶん150~200本くらいの映画やドラマやドキュメンタリーを観ながらおうちで穏やかに過ごす日々はなかなか心地が良くて、ひょっとすると展示が終わっても冬の間はこの調子で過ごすことになるかも、なんて思っているのだけれど、展示の前日に少しくらい身だしなみを整えなくちゃ!と美容院に行って久しぶりにちゃんと鏡を見たら、顔がおてもやんみたいに丸くむくんでいて、これはマズい、と顔面蒼白。


おまけに前夜は恒例のほぼ徹夜作業だったから、クマまでできて、そりゃあまぁお見苦しいお顔でみなさんにお目にかかってしまったわけだけど、それでもやっぱり、展示でいろんな人に会えるのは嬉しいし、楽しい。


今回の展示では、石たちひとつひとつにどうしても自己紹介文をつけたくて、石たちと対話しながら短い文章を作っていったのだけれど、体調的にも絶不調だった前夜に最後までがんばれたのは間違いなく、毎週いちばん楽しみに観ていたドラマ『Nのために』の最終回が完璧だったからに違いない。



もとい、今回の作業中にどうしてこんなにも映像作品にハマッたんだろうなぁ、ということを考えていて、思いついたことがある。

私は、文章を考える時は無音がいいし、絵を描く時は音楽をかけるとテンションがあがるのだけれど、アクセサリーを作る時にいちばん聴いていたい音は、「言葉」なのだ、ということ。

ひょっとするとただ単に今の自分のモードが「言葉」に向いているからなのかもしれないけれど、最初はこの作業をしたらこれを観る、のローテーションだったのが、次第に、一度観たことのある作品や、映像自体を観なくても音だけが入ってくれば事足りる番組を流しながら作業をするようになったら、なんだかとても、はかどった。

今まで、石を扱う時にはとにかく空間の波動や自分自身のエネルギーを清浄にすることに気を配っていたけれど、それよりも、たくさんの人がみんなで一生懸命になってひとつのものを創りだした時に生まれる化学反応のバイブレーションとか、自分が「好きで」選んだものを「好んで」いる私自身のバイブレーションやリズムに合わせて制作をしていたら、できあがったものたちもみんな、どこかワクワクしたエネルギーを放つようになっていた。

これはとても嬉しい発見。


まぁ、傍目から見ればかなり地味な毎日。
でも、わりと気に入っている。



そういえば、今日久しぶりに会いに来てくれた方が、このブログのシンプルさが今の私に合っていてすごく好きだ、と伝えてくれた。


文章を読んでもらえること、誰かが私の発信する何かを楽しみにしてくれていることは、やっぱりとても嬉しい。


さぁて、明日もしっかり働きましょうかね。

2014年12月8日月曜日

20141207

新幹線に乗って、あの子に会いに行った。

12年ぶりのはずなのに、まるで先週も会っていたみたいに違和感なく、私たちの時間が戻ってくる。

小さなクラフト市を見て、ランチをして、示し合せたみたいに互いに自作のプレゼントを持ってきて。

お散歩して、喫茶店に根を生やして、電車に乗って、また歩いた。


懐かしい会話のトーン。心地よい無言の時間。同じ笑うツボ。ジッと見るあの子に、目を伏せて話す私のクセ。気張らない、でも確かな先の約束。

そうだ、私たちはいつもこんな感じだったっけ。


2度目のご飯の途中で、またこんなふうに会えるなんて思わなかったな、とあの子がつぶやく。

ごめんね、の代わりに、ありがとう、と応える。

どうしているのかわからなくても空白をまったく感じなかったのは、12年間お互いにずっと悲しみと痛みでつながりながら、一緒に生きていたからだったんだと知った。


いろんないろんな感情を乗り越えて、あの子が私の人生に帰ってきてくれた。

これからは失ったよりもたくさんの喜びや楽しみを分け合いながら、一緒に生きていきたいな。

今までの人生でいちばん苦しかった2014年の終わりに、とびきりのご褒美をもらった気がする。


本当に本当に、ありがとう。



2014年12月7日日曜日

20141206

シャスタの旅に出る少し前に、小鳥の紅ちゃんの肩に小さな腫瘍ができた。


紅ちゃんはこれまで、具合が悪くなるといつも、私のところへつれて来られた。

その小さな身体に触れれば、どこがどんなふうに悪くて、どうすれば良くなるかはわかるから、30分くらい手のひらに包んでいればたいがい、紅ちゃんはケロッと元気になった。


母がどこかに頭をぶつけたり、妹がひどく胃をやられたり、父の首に痛みが出たりした時も、だいたい同じだった。


だから今回も、きっとすぐに良くなると思っていた。


念のために診てもらった近所の動物病院のとても信頼できる先生の見解も、私や妹の見立てとほとんど同じだったから、リスクの高い手術や強いお薬による処置はせず、私たちにできる限りの方法で、紅ちゃんのケアをすることにした。


でも、紅ちゃんの腫瘍は日に日に大きくなっていった。


自分の中でいちばん信じたくない嫌な予感で心がいっぱいになってしまった夜、私は一度だけ禁じ手を使った。

そして翌日妹と母に、紅ちゃんを別の病院でも診てもらおう、と提案した。

車で行かなくちゃいけない距離にある小鳥の専門病院に具合の悪い紅ちゃんをつれていくことに迷いはあったけれど、そのリスクを負う意味が必ずある。
そんな確信があった。


診てくれた先生は、とても冷静で優しくて、患者のことをいちばんに考えてくれる人だった。
ここでもやはり、手術はしないことを前提に他の処置の方法をいくつか提案してもらった。

どの方法にも、それなりにリスクはあった。

でも、その先生が「たとえリスクがあったとしても、何もしないよりは何かした方が確実に本人(先生は小鳥ちゃんのことをこう呼んだ)にとっては苦しみが軽減されるんです」ときっぱり云い放ってくれたことで、決心がついた。


私たちは、紅ちゃんに強いお薬を飲ませてみることにした。

ただし、鎮静剤を打ってCTスキャンをした結果から分析するという医学のセオリーに沿った処方ではなく、経験と知識に基づく先生の感覚による処方をしてもらう方を選択して。


嫌がりもせずにちゃんとお薬を飲んだ紅ちゃんは、副作用でよろめいたり怒ったりしながらも、つらそうだった呼吸は少し楽になったようだった。


その姿を見ながら、ふと考えた。



とても大切なものに対して、自分にできることを一生懸命考えて、やれることをやる。
だけど、自分だけではどうにもならない時には、ちゃんと誰かに頼ったり助けてもらったりしながら、一緒にがんばって、もっともっとできることの知恵をしぼって、もっともっとやれることを増やしてゆく。


潜在的にはてのひらひとつでどんな病気やケガも治してしまえるポテンシャルを秘めている人間という生物が、命に限りを持ち、感覚を鈍化させてゆっくり進化することを定められているのはもしかすると、ひとりの無力さや、それによって気づく他の存在と関わることの大切さやありがたさ、そうして共生するために自分の存在があることを忘れないためなのかもしれない。



さっき、暗がりの中で紅ちゃんを手のひらにそっと包んだ。
フワフワの白い羽の向こうから、コトコトコトコトと、小さな鼓動が響いてくる。


おやすみ紅ちゃん。
明日も良い日でありますように。












2014年12月6日土曜日

INFORMATION



小品展「シャスタからやってきた石たち」



date:
2014年12月20日(土)~23日(火祝)13:00~19:00

place:
代々木上原
「小さな談話室S」

東京都渋谷区
西原3-18-5-303
>>map





レムリアのエネルギーを現在も色濃く残す地、マウントシャスタ。

聖なる山のふもとに佇む小さな街には、とても素敵な石屋さんがたくさんあります。

この展示では、シャスタタウンにある三つの石屋さんからヒミキヨノが厳選してきたたくさんの原石たちと、その石たちで作ったアクセサリーたちを飾ります。

はじめから素晴らしいエネルギーに満ちていた石たちは、シャスタのスプリングウォーターやメディスンレイクのお水とミラクルムーンの光を浴び、とびっきりおめかしをして一緒に日本へ帰ってきました。

今回は特に、シャスタ山のSerpentineやAndara Crystal、Star Seed Crystal、Soulstar Crystalなど、シャスタならではの石を中心に、「本来の自分」や「ありたい自分」へ導く石たちを選んできました。

キラキラの石たちと、それから私たちとおしゃべりをしに、ぜひ遊びにいらしてくださいね。



*期間中、展示している石以外にもふだん使用している小さな石たちを使ったアクセサリーなどもお作りできます。
お気軽にご相談くださいませ。

*ライブアートをご希望の場合には、準備の都合上、事前にお知らせくださいますようお願い致します。









2014年12月2日火曜日

20141202

12年ぶりに届いた一通のメールが、ずっと曇っていた心に光を射してくれた。

止まっていた時計が、動き出すような気がした。