2014年11月4日火曜日

20141103

街にひとつのパン屋さんに朝いちばんで焼きたてのパンを買いに行くところから始まった今日も、とってもいいお天気。

アメリカンサイズのオリーブ&タイムのパンとチョコレートデニッシュに、前々日の夕食で作ったミネストローネとフルーツで、私たちなりの優雅な朝食タイム。

シャスタにはスーパーマーケットがいくつかあるけれど、食材を買うのはBerryvaleというオーガニックスーパー。

私は別にそれほどオーガニック志向ではないけれど、野菜でもなんでもやっぱり元気のいいものを身体には入れていたい。

旅先でも体調のことを考えるとやっぱり外食ばかりだと身体が疲れてしまうから、できるだけ自炊できる時は自炊する。

今回はお出かけする時にいつもおにぎりを作って持っていくのだけど、シャスタのお水を使ってお鍋で炊くご飯はとっても美味しい。


朝食後にお茶を飲んでいた時、キッチンの窓から見えたシャスタ山の景色にあっ!と声をあげて、ふたりで急いで外に出た。


三年ぶりに見る、シャスタ山の帽子雲。
もう少しまあるい円盤みたいな雲は秋の時期だけに見られるシャスタ山の風物詩。
前回は夏だったから、お水に入れたりいろんなことができて楽しかったけど、この雲を見られなかったことだけが心残りだった分、喜びもひとしお。

上手に写真が撮れそうなスポットを探してお散歩していたら、SISSON MEADOWSという看板のある場所にたどり着いた。

山をさえぎるものが何もない草原にはたくさんの小鳥たちが飛び回っていて、なんとものどかで心地の良い空間。

雪でパンサーメドウズへ行けなかった代わりに新しい素敵スポットを見つけられて、嬉しい。

実は一晩かけてなんとも嫌な感じの夢を見続けたり、仕入れの日だというのに起きたらまた円安が進んでいたりで一日の始まりはあんまりいい気分じゃなかったけど、美味しい朝食とこのお散歩のおかげですっかり元気になれた。


そんな今日はずっとお仕事day。

午前中には購入したい石のリストや頼まれた人たちに必要な石のチャネリングをし、午後からいよいよ買付けスタート。

今回のシャスタ滞在は正味あと3日間しか残っていないから、今日一日でほとんど買付けを終わらせて、明日はまた一日かけて買った石たちをみんな滝や好きな水のあるところへつれていってエネルギーをクリア&チャージする予定だから、かなり集中して石選び。

最初から信頼しているお店でしか買わない分、ほかで石を選ぶときのようなエネルギーの消耗はなくて、ただただ楽しく石たちと対話しながら、つれて帰るものを決めていく。

あんまりお金に左右されないように決めたいところだけど、自分の「欲しい」だけで探してしまうとだいたい非売品だったり、小さい石でも2800ドル(30万円)みたいな値段がついていたりして、まったくあてにならない。

石の価格というのはすごく難しくて、よっぽど大きいものは別としても、大きさはあんまり関係なく、透明度やカットの仕方や形や種類の希少性の方がずっと価格に影響する。

私の場合、ジュエリーや持ち歩くための石がほとんどだから、おのずとサイズは小さくなるけれど、その分形や輝きにはとことんこだわって選ぶ。


今回はスコットがずっと一緒にいてくれて、特別に2階のストックルームに隠れているまだお店に並んでいない石たちも見せてもらえたおかげで、とても質のよいアンダルクリスタルを始め、本当に素晴らしい石たちを選ばせてもらうことができた。

そして、途中には彼のクリスタルボウルの演奏も聴かせてくれた。
彼の奏でる音はとても繊細で、優しい。
ふだん、人の演奏するボウルの音を聴くことはほとんどないから、やわらかな音の中に漂う時間は短いながらとっても心地よかった。

そのあとには、好きなボウルを勝手に選んで、思う存分遊ばせてもらった。

スコットは私の選ぶ音やボウルと私とのエネルギーの調和の仕方をとてもとても褒めてくれるし愛してくれるから、調子に乗って歌まで歌ったりしながら、しばらくクリスタルボウルを鳴らした。

本当はボウルも欲しいけど、さすがにそれは、我慢。
いつか、このお店のようにたくさんのクリスタルボウルが私の開くお店にも並んでいるといいなぁ、なんて淡い夢を見る。


ほかのお店も含めて閉店の時間まで買付をして、いったん家に戻って今夜は外へご飯を食べに行ったあと、さっきまでずっと、事務作業。

これまではたくさん石を買って、概算だけ把握しておいて後はなんとなく全体的に帳尻が合えばいいや、みたいな感じでアクセサリーを作ったりしてきたけど、最近とても残念なことに郵送したオーダージュエリーや修理品の未払いが重なって帳尻があわせられなくなってしまったし、ちゃんと仕事として成り立たせていくためには苦手なこともできるようにしておかないと結局困るのは自分だから、友だちに手伝ってもらいながらひとつひとつの石の情報を残していく。

おかげで今日は正直ブログを書く元気もないくらいクタクタになっていたのだけれど、さて寝ようか、というところで、そういえば今日まだブログ書いてないんじゃない?という友だちの一言で書かないわけにいかなくなって、今に至る。


とはいえ、こんなに楽しいことが仕事だなんて、しあわせ以外の何者でもないのもよくよく知っている。


さあこれで今日の作業はぜんぶおしまい。
今夜は楽しい夢を見たいなぁ。




0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。