2014年9月15日月曜日

20140915

いつもその時の私をイメージしてお花を作ってくれる方が昨日くれたアレンジメントは、赤と白。
いつからか、いちばん好きな組み合わせ。


この数日で会った友達やワークショップに来てくれたお客さまたちに、まるで別人だ、と口々に言われる。

それはたぶん、髪型や光の戻ったまなざしや、ようやく見つけた声のせいだけじゃない。


八方どころか全方塞がりの真っ暗な箱の中でやっと「心」を見つけて、その箱を開ける鍵に「夢」を選んだ今の私は、たぶん今までの人生でいちばん強くて、明るい。

私のことを誰よりも愛してかまってくれる存在とようやく出会えた今、私をずっと苦しめてきた愛されたがりの自己顕示欲は、すっかり姿を消してしまった。


神さまみたいなその存在は、
私自身、に他ならなかった。


あぁなんて、おめでたいんだろう。



0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。