2014年9月26日金曜日

20140926

たとえ怒ってようがあきれてようが、ピンチとあらばかけつける。


痛いけど必要な言葉なら、一緒に傷つきながら云えるし聞ける。


どこまで落っこちても絶対に受けとめるし、這いあがろうとしてたら全力でひっぱりあげる。


泣きやむまでそばにいて、最後は笑っておやすみをかわす。


そうやって一緒に生きる人のことを、友だちって呼ぶ。



周りにうまくなじめなかった子どもの頃の、友だちがたくさんいたらいいのになっていう願い。


いつのまにか、叶ってたな。





0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。