2014年7月10日木曜日

20140710

大切な人を亡くした悲しみの中にいる人に贈るアートを描いてほしい、と頼まれることが時々ある。

それは、亡くなった人からのメッセージを伝える、ちょっと特別なアート。

誰かが亡くなって悲しむのは生きている人だけで、肉体を離れた魂たちはみんなわりと陽気で優しくて、そしてけっこうそばにいて、生きている人と日常を共にしている。

そして、悲しみの中にいる人が、その裏側にある愛と同じ種類のものをその人が今生きている世界の中でたくさん見つけていけるように、手助けしている。

今日描いたのは、先日お母さんが亡くなった時にそばにいられなかったことを悔やんでいる娘さんへのメッセージアート。

裏面には、お母さんの代筆でお手紙を書いた。

「あまり無理せず、意地を張らず、身体を大切にするように。
好きなものだけじゃなく、栄養のあるものを食べなさい。
文句ばかり言わないで、周りの人に感謝することを忘れないようにすること。
お母さんは、しあわせでした。

また会えるのを、楽しみにしているからね。」



0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。