2014年7月8日火曜日

20140708


HIMIKA初のエンゲージ&マリッジリング。
オーダー頂いてから完成まで1年近くかかってしまったけれど、今日ようやくお渡しできた。

マリッジリングは、縁起の良い亀甲型の六角柱をプラチナとゴールドのコンビネーションで。

ふたりの絆が末ひろがりのしあわせの中で螺旋を描いて永遠に調和するように、というイメージでデザインしたエンゲージリングは、デザインが複雑すぎて、何ヶ月も試行錯誤しながら最終的にすべて手作業で作ってくれた職人さんに、もう二度と同じものは作れない、と言われた。

選んだダイヤモンドも、まだ石の質がとても良かった40年くらい前のストックを出してもらったり、こだわりすぎるくらいこだわった。


時間もお金も当初の想定よりかかってしまって申し訳ない気持ちもあったけど、ずっと夢だったエンゲージ&マリッジリングを作らせてもらえたこと、思い描いていた以上に素敵な作品ができたこと、そして何より、私が納得いくまでいつまででも待つ、と言ってくれたふたりが、喜びいっぱいの笑顔で、ありがとう、キヨノさんにリングを作ってもらえた自分たちはラッキーです、と言ってくれたことがしあわせすぎてありがたくて、ものすごいご褒美をもらった気分。

もともと彼らと知り合ったきっかけは、奥様が土岐麻子さんの大ファンで、麻子さんに曲提供したひふみうたをきっかけに私の活動や作品にも興味をもってくれたのが始まりだったのだけど、今日は麻子さんにもサプライズで覗きに来て、と頼んだら、なんとふたりにお祝いを持ってかけつけてくれた。

素敵すぎる友だちの存在にも感謝。

大切な日だから、と土岐麻子Tシャツを奥様に着せられていた旦那さんの照れた表情がまた良くて。


自己表現のための創作ももちろん私には必要だけど、誰かが喜んでくれるモノ作りはやりがいのある仕事というより、生きがいに近い気がする。




0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。